TOKYO MEN

SHOP OFFICIAL SNS

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

MENS BLOG

  • パリから・・・いち早く・・・16,17,18,19、4日間限定 受注会 CHRISTIAN DADA

    出張帰りのAKKYです。

    遂に秋冬のコレクションも店頭で爆裂炸裂し始める時期になりました。

    sacai

    AMBUSH

    新作情報をまずチェックお願いします。

    さて、本日はパリからホットな18SS。

    早くもさわりたいという方も多いかと思いますので

    ファンも多いこのブランドの受注会を行なうことが決定しました。

    CHRISTIAN DADA

    ・内容---- 春夏コレクションのサンプルを試着。オーダー会になります。自分の色、サイズを選べるチャンスです。

    ・日程----7月16日(日)~7月19日(水)

     

    それではパリの空気をひとつ、ご紹介したいと思います。

    ショーの招待状にはアクリルのプレートに液状が垂れているニュアンスのデザイン

    こういうインビテーションにもショーのコンセプトを乗せられる一級ブランドと、ただ葉書が送られてくるブランドと…残念ながら、わかれるのは事実です。

    ここから、メッセージを出せるのが筋の通ったデザイナーの証。

    さすがです。

     

    ショーの開場時間からすかさず席は埋まり続けていきました。最終的にはファッション要人たちで埋め尽くされました。洋の東西を問わずワールドワイドな指示を会場の人の割合から見ても感じ取れるところです。

    そう、向こう側の壁面を偵察しに行くと。。。

    なんと

    気付きますか???

    いや、すいません。見てわかるわけはないのですが、

     

     

    この壁は布地になっていて、ステッチでこの液状の垂れ下がりができているのですが、

     

     

    これがショーのクリエイションと関連してくる技法なのはこれからのLOOKを見ると伝わることでしょう!!!

    ショーの注目度の高さはこのひしめき合うカメラゾーンを見てもわかるかと。。。

    彼らから

    「おいおい、足出すなよ。。。写真に入っちゃうじゃねーか」

    といようなプレッシャーを受けながら、というか、言われながら我々はショーを見ております(笑)

    それではここからはショーのダイジェストを

     

    最近サックスのシャツのストライプなどのブレイクも続いており、気分のメンズにおけるサックス。

    モード男子にも定着の兆し。ウエストバックによるビックシルエットの緊縛や、カマーベルトによる拘束感でパンツのワイド感を強調するダダらしいシルエットのアウトラインづくり。

     

    刺繍のこのカタカナ具合や、歴史ものによるジャポニズム、スカルのモチーフもDADA節が相変わらずきいております。

    これこそが、世界で戦う自分の色だしというところでしょうね。

     

    VANSのスニーカーで今のリアルストリートな気分もだしながら、ロング×ベリーショート緩めレイヤード。攻めのバランスがカギ。

     

    昨今のカラーパレットの広がりから

    このマルチカラーのカモフラも人気が出ることは間違いないでしょう。

    寸胴型のハーフの絞り無しの袖感も気分の一着。

    そうです。このリキッドのように下がる糸のしずくたちが、インビテーションや壁で表現されていた今シーズンの重要な手法だったわけです。

     

     

    パッチワークの技法が細かく日本の技術で丹念に仕上がったこういった作風は海外ではほとんど見ないものでしょう。そのきれはし、縫いはしの糸のしずくがこのリキッド状の手法でコンセプチュアルに見せきれているではありませんか

    ラギッドなフィニッシュのデニムたちも健在。

    ダブルブレストの横幅ありのバランスやドロップショルダーのビックGジャン。

    ダダのフィニッシュとデニムの色使いが好きな人にはたまらない逸品

     

    開襟シャツに始まる柄のムードはパンツにまで波及。

    そう、このボタニカルプリントもリキッドのオリジナルの仕様なのもたまりませんね。

     

    ベースボールシャツもテキストのリキッド感とビックバランスも一際、ワンピクラスまで飛躍したこのバランスはスポーツストリートをモードにスライドさせた唯一無二のアイテム

     

    クラシカルなウールチェックもリキッドのソースでデコレーションする一貫性。

    オレンジの効かしもムードをとらえたデザイナーの証、

     

    一本筋の通ったブランド。

    18SSのフラッシュとまだ見ぬワードローブ。。。

    皆様のご参加お待ちしております。

     

     

     


戻る

INSTAGRAM

instagram_tm

ARCHIVES

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:11:00 - 20:00
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

PAGE TOP