TOKYO MEN

SHOP OFFICIAL SNS

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

MENS BLOG

  • 11月4日~のDRESSEDUNDRESSED18SS 注目ルックは・・・

    どうも、AKKYです。

    東京コレクションも忙しく終わりました。

     

    ミッドウエストに通っていもらって強者に進化した人たちとともに良い時間を過ごせました。

    その空気はリンクから一度是非ご覧ください。

    TOKYO FASHION WEEK  DRESSEDUNDRESSED SHOW へ

    予約会のお知らせと過去のコレクションなどについて

     

     

    ブランドのネーム

    「DRESSEDUNDRESSED」

    着ること、DRESS

    脱ぐこと、UNDRESSED

    を再度、明確に意思表示したスタイリングが目立った。

    今回はスタイリストも変更しながら、

    先日私も展示会の際に北澤君とも話しましたが、

    「洋服をいっぱい見せよう」

     

    という考え方からルックを作った

    のではなく

     

    「コンセプト、をまず伝える、ブランドとしての考え方を伝える」

     

    そこを最優先でルックを作成したので

    メッセージ性の強いルックがおおかったという状況でした。

     

    逆の話をすると

    以前のブログでご紹介したこのイベント

    http://fashioncore-midwest.com/wp-admin/post.php?post=98875&action=edit

    タイトル:DRESSEDUNDRESSED 18SS COLLECTION 予約会

    場所:ミッドウエスト 1階

    日時:11月4日(土)~11月7日(火)

    ****最終日は18:00で予約会ブースが閉鎖となります。ご了承ください。***

    内容:10月16日(月)に行われる18SSのサンプルをいち早く店頭にてご覧いただき、試着、コンビネーションを考えつつ、お客様とともにNEWコーディネートを作りながら、キーアイテムを予約していただけます。

     

    でご紹介できる洋服は

     

    ルックでコンセプト重視で絞ったアイテムはごく一部の為、

     

    かなり多い

     

    ということが皆さんにお伝えできる次第です!!!!

     

     

     

    着ているのか脱いだところか

    という意味合いでも

    ヌーディーなカラーやスキンの伸縮の素材もショーでは多用していたわけです。

     

     

    クラシックなムードも

    ファッション通な早い人の間では浸透してきているわけですが

    いわゆる

    ジャケット、トレンチ、ステンカラー、スラックスという形態の取り入れ

    グレンチェックや、ウィンドーペーン、ヘイマーケットチェックなどのとりいれというところに関心が顕著にあがってきています。

    ドレスドも今回はトレンチも含めたコートでアプローチされています。

    オフホワイトでも18SSあるように透けるナイロン素材へのアプローチも含め、トラックパンツなどで現在象徴的なムードであるスポーツのミックスという意味の部分でもナイロン素材のアウターが実は今回リリースが非常に多く、テキストのプリント使いなどでユースなムードもとらえて◎なところ。

     

    ネイビー×サックスのブルーの濃淡のハーモニー。

    もネクストに考えたい配色。

    久々のネイビー復活や、

    大人のネイビーをたくさんお持ちの方はドレスドの

    「サックス」

    をいれて、時代にのっていくのもいい考え方ですね。

     

    クラシックなムードも春夏はグレースラックスで行くのも気分。

    ワイドとナローを準備した万全の体制でございます。。

    グレンチェックに薄水色の縦横のラインも入り、まさに気分なムードのテキスタイルです。

    今回実はこの

    「4スリーブ」

    のカットソーやシャツが一大ブームを引き起こしそうな予感。

    お店で解説させください!!!!

    今シーズンのテーマ

    「in bloom」

    真っ盛り、思春期、などの意味合いですが、

    ストーリー性のあるこの一輪の花

    このエピソードについても

    お店で説明させてください!!!

    同色のレイヤリングや、

    ミリタリー、ホワイト、ライトグレー、トランスペアレント

    NEW MODE SPRINGな装い。

    サックス×グレーも気になるネクスト配色

    ネックのレイヤリングでモードな強さを出すのもここのブランドをご存じならレイヤードシャツだなとお気づきのはず!!!

     

    4スリーブのビックシャツもスポーティーな小バックでウエストマーキングで

    ビックシルエットを強調。

    スリーブの揺れ動きも手伝って、モードの着崩しが加速してグッド。

    ビックボンバーとショートボンバーのレイヤードが気になるところ。

    ビックシルエット物のクロップドトップスの区切りがニューレイヤードのカギといわれる18SSなだけに気になりますね。

     

     

     

    浅めのフォルムのキャップは新配色も登場するなど・・・

    バラしたいネタはいろいろあるのですが、、、、

    楽しみですね。

    NEW DRESSEDUNDRESSED!!!

     

    タイトル:DRESSEDUNDRESSED 18SS COLLECTION 予約会

    場所:ミッドウエスト 1階

    日時:11月4日(土)~11月7日(火)

    ****最終日は18:00で予約会ブースが閉鎖となります。ご了承ください。***

    内容:10月16日(月)に行われる18SSのサンプルをいち早く店頭にてご覧いただき、試着、コンビネーションを考えつつ、お客様とともにNEWコーディネートを作りながら、キーアイテムを予約していただけます。

     

    今回は

     

    初の試みとして

     

    1、ドレスドアンドレスドのあのアイテムで・・・

    2、ドレスドアンドレスドでこのアイテムが・・・

     

    お客さんにデザインを選択できるカスタムアイテムを1,2品番デザイナーさんと打ち合わせしております。

     

    こちらの

     

    カスタム会は予約会初日

     

    11月4日(土)16:00-18:00

     

     

    を予定しております。

    (アイテムの詳細については後日発表となりますのでブログ、インスタ、ツイッターの更新をチェック願います。)

     

    今回の催しは

    D+

    をコンセプトに

    DRESSEDUNDRESSED

    を中心として、ワードローブをプラスする(+D)予約会の中で、

     

    日頃愛用してくれているDRESSEDUNDRESSEDの洋服でこのイベントにご参加いただき、

     

    もう一つの価値を+したDRESSEDUNDRESSEDのカスタムアイテムを予約できるカスタム会を行います。

     

    カスタム会のドレスコードとして

     

    「DRESSEDUNDRESSED」のアイテムを身に着けている方

     

    もしくは

    DRESSEDUNDRESSED+MIDWEST企画ということで

     

    「ミッドウエストカード」をお持ちの方

    とさせて頂き、

    ある種パーティーのように、

    いつもと違う楽しみ方をしてみたいと思います((笑))

     

    まず、カスタムアイテムで決定いたしましたのが

    完売後、追加で騒ぎになっているという

    ドレスドの

     

    「キャップ」

     

    です。

    はたして、どこをいじれるのか・・・・

     

    そして、明日夕方、私、北澤君ともう一つのアイテムをミーティングする次第でございます。

     

    みんなの応援待ってます((笑))

     

     

     

     

     

     


戻る

RECOMMEND

まだデータがありません。

ARCHIVES

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

PAGE TOP