TOKYO MEN

SHOP OFFICIAL SNS

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

MENS BLOG

  • 17-18AW KOLOR REVIEW 予約会は・・・5月13日~18日

    どうも、AKKYです。

    各店来シーズンのトピックスがガンガンのってきている

    あれの続報ってことになりますね。

     

     

    MIDWEST 2017-18AW COLLECTION Reservation meeting

    期間:5月13日(土)~5月18日(火)

    内容:常連の方々とネクストシーズンのミッドウエストセレクトの大多数のブランドのラインナップをチェックして、スタッフとともに次のワードローブをリザーブ

    (入荷の絶対数が少ないのでコアカード会員様をこの期間は優先とさせていただきます)
    ――→コアカードに関しては最下部参照

    さてさて、私AKKYの2投目は

    「kolor」

    まずはショーの様子からチェックをどうぞ!!!

    オッとその前に

    他店からも続々予約会予習ブログがあがっておりましたのでご紹介します。

    Rick Owens 17AW

    RAF SIMONS 17AW

    OFF-WHITE 17AW

    HAIDER ACKERMANN 17AW

    UNRAVEL PROJECT 17AW

    SACAI 17AW

    MARCELO BURLON

    素材の魔術師の異名をとる阿部さんによるkolor。

    ベースのファブリックから、オリジナルで開発されたものを使っているだけにチェックと言え、そのままの顔つきに非ず、

     

    細かいことですが、ファブリックが違うということはその生地で出来上がった洋服も少なからず、「ニュアンス」「テイスト」というものが既存の洋服と異なり、その集合体であるショーというものは違った空気をまた醸し出してくるわけです。

     

    それだけにいつも

    「新しい空気」

    を持ち合わせた

    「男のワードローブ」

    がこのブランドからは発信されている。

     

     

    奇をてらったことをやって注目を集めようとしているわけではない。

    あくまでデザイナー自身も一人のファッションにうるさい着用者として

    「自分が着てもおかしくない」そんな指標が入ったモダンな上質なファッションピープル像がいつも作り出されているのが魅力的なブランドだ。

    と私は思う。

     

     

    25を超えて、30を超えて、40を超えて、

    「もう結構この年だからなぁ。」

     

    「だからって面白くもないファッションを着る事を選択するのですか?・・・。いいえ・・・見つけるの・・・そういうテンションのファッションを」

     

    そう、見つけた人は手ごたえがある。

    いや、言わずと手ごたえがあるはずなのが

    「kolor」

    近年ハイエンドクラスのメゾンの水準にブランド自体をアップしていこうとする構えをひしひしと感じる。

     

    上質な素材への着手。

    クラシカルな物をモダンに料理する。

    全世界の玄人がうなるソースへの昇華。

     

    秋冬は

    ノスタルジックなムードをディテールのデフォルメやコンパイルの技法、

    ファー、ボアづかいによる冬のメンズワードローブの新路線の示唆。

    クラシック×スポーティー、

    アシメトリーに感じさせないアシメトリー

    「匠のデザインのうまさ」

    を感じざるを得ません。

     

     

    「チェックものなんて・・・アメカジになってしまうから、着ないだろうなぁ。」と思っていた男子。

    少し毒を持たせたこういうMODEなノスタルジックなチェックブルゾン。

    もちろんワードローブには無かったはず((笑))

     

    贅沢にもインサイドにショーでは使われていたこのブルゾン。

    ボアパイピングとナイロンのキレ。

    ベーシックカラーに対するネオンイエローという色としてのキレ

    ウールのウォームフルに対する、クールタッチというナイロンの素材のコントラスト

    センスが詰まった一着。

     

    まるっきりルックと一緒のパンツです。とは言いません。

    トップスをインした時のパンツの腰回りをいかに格好よく見せるかの美学。

    一年前にはシルバーのラインによる切り返しが印象的なスラックスが出ていたわけですが、更に複雑に走り、コンパイルするライン使いがデザイン力もパワーアップしているといわざるを得ない。

    トップスをシンプルにしてインした時・・・ボトムの腰回りにデザインがあった方が美しいはず。

     

    大人も昨今のトップスインをしたかったけど・自分なりに呑み込めるものが無かったけどこれなら・・・

     

    そんな声すら聞こえてきそうな一本。

    ウォーム感のある素材タッチの物を非凡なものに昇華するデザインは圧巻。

    異素材のテープづかいによって、チェックにおけるラインと、目により強く飛び込んでくるテープというラインと、視覚を刺激するデザイン。

    ひょっとして、チェックのラインの幅と太さ加減をそろえてたり・・・

     

    アシメトリーという違和感を感じさせないアシメトリー。

    やりすぎて子供っぽい。

    そんなコメントは毛頭超えた次元でのデザイン性。

    襟のパッチワークボアのアレンジも巧妙の一言。

     

    微妙にはっと気づかされるアシメトリー

    左側のブラウンのファー使いと、右側のシルバーフォックス系のアシメトリー。

    インナーがシンプルなら一個ぐらいこのレベルを入れておきたいところ。

    引きで見て洋服って、ボタンの合わせのボタンのオスとメスで非対称なビジュアルなわけですし。

    クラシックなコートにはアシメトリーのシルク×モヘア―の大胆なドッキング。

    ある日はモヘア面を前に差し込む

    ある日はシルク面を前に差し込む

    そんな遊び方を大人はできそうです。

    全面を同じ大きさでパッチワークするチェックなどは横行するデザインですが、ジャケットのラペルと、シャツの袖口と真ん中の合わせはジップのブルゾン。

     

    「融合」というのはバランスが大事であり、チェックもどことなくずらしを入れることも。

    そこには「感覚・sense」が入るわけで…

    こういうすれすれを形にできることって達人の証だと思うんですよね。

    まさか、チェックがこんなに格好いいウェアーで自分のワードローブに加わるなんて・・・。

    そういうワードローブってほしくないですか?

    ケーブルのニットも最下部でファーのアレンジが入る。

    違和感が出るところをマジックのようにはめ込んだこのデザインも

    「なんかいい」

    が形になった一着。

    こちらもまるっきり同じではありませんが、

    ウエスタンのヨークと、ポケット口のウールのコンパイルのディテールで仕上げたコーチジャケット。

    モード×スポーツでこなしたい昨今のファッション事情に

    25超えたしな

    30すぎたしな

    40代だしな

    をすべて克服した正にその一着。

     

    大人の

    「すごい一着」

    探しに着ませんか???

     

    予約会お待ちしております。

     

     

    コアカードについて・・・

    ファッションライフにおトクをプラス。ミッドウエストファン必見のモードな一枚。

    特徴 1
    MIDWEST各店舗でのお買い物はいつでも5%OFF!

    特徴 2
    おトクなMIDWESTポイントサービス!

    特徴 3
    ご利用金額に応じたボーナスポイント&パーソナルギフト!

    ご利用+ご登録で 最大7,000円分プレゼント! 詳しくはこちら

    特徴 1特徴
    1
    MIDWEST各店舗でのお買い物はいつでも5%OFF!

    MIDWESTの各店舗でMIDWEST CORE CARDをご利用いただくと、カードご利用代金引き落としの際、お買い上げ金額が5%OFFになります。

    特徴 2特徴
    2
    おトクなMIDWESTポイントサービス!

    MIDWESTの各店舗はもちろん、旅行、レストラン、公共料金、コンビニエンスストアでのお支払いなど、どこで使ってもポイントがたまります。
    月間のカードショッピングご利用合計金額200円(税込)ごとに1ポイントたまります。
    たまったポイントは、1,000ポイント以上、1,000ポイント単位で引き換えいただけます。

      • ※一部ポイント付与対象外のものがございます。

    ポイント引換商品について

    おトクなポイントプラスコース 1,000MIDWESTポイント→MIDWEST専用デポジット2,000円分

    MIDWEST専用デポジット

    MIDWEST専用デポジットとは、MIDWEST各店舗でのカードご利用代金の口座引き落とし時に適用される値引き枠です。

    通常ポイントコース 1,000MIDWESTポイント→Jデポ1,000円分

    Jデポ

    Jデポは、カードご利用代金の口座引き落とし時に適用される値引き枠です。

    ポイント引換方法について

    ポイント引き換えに関するご注意

      • ※WEBでのポイント引換のほか「MIDWEST CORE CARDポイント引換申請書」による、郵送での引換受付も行っております。
      • ※ポイント引き換えについての詳細は、カード送付時に同封されている「MIDWEST CORE CARDポイント引換申請書」をご確認ください。

    特徴 3特徴
    3
    ご利用金額に応じたボーナスポイント&パーソナルギフト!

    年間のご利用金額に応じた特典をご用意しています。

    ボーナスポイント

    毎年1~12月のカードショッピングご利用合計金額が50万円以上のお客様には、ご利用金額に応じてもれなくボーナスポイントをプレゼント!

      • ※ボーナスポイントは、毎年3月度ご利用代金明細書等に通常獲得ポイントと合算してご案内いたします。あらかじめご了承ください。
      • ※前年のカードショッピングご利用金額の算出は、翌年1月末までにカードショッピングを利用した売上データ等がジャックスに到着したものが対象となります。

    もれなく 年間ご利用金額合計50万円以上~100万円未満 ボーナスポイント250ポイント 年間ご利用金額合計100万円以上~150万円未満 ボーナスポイント1,000ポイント 年間ご利用金額合計150万円以上~200万円未満 ボーナスポイント2,250ポイント 年間ご利用金額合計200万円以上~250万円未満 ボーナスポイント4,000ポイント 年間ご利用金額合計250万円以上 ボーナスポイント6,250ポイント

    パーソナルギフトサービス

    毎年1~12月のMIDWEST各店舗でのご利用金額上位のお客様には、年1回ご登録店舗よりお客様にあわせたパーソナルギフトをプレゼント!

    • ※前年のカードショッピングご利用金額の算出は、翌年1月末までにMIDWEST各店舗で利用したカードショッピング売上データ等がジャックスに到着したものが対象となります。
    • ※パーソナルギフト対象者の発表は、MIDWESTからのプレゼント発送をもってかえさせていただきます

     

     

     


戻る

RECOMMEND

まだデータがありません。

INSTAGRAM

midwest_tm

ARCHIVES

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

PAGE TOP