TOKYO MEN

SHOP OFFICIAL SNS

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

MENS BLOG

  • 17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-17-2

    NEW ARRIVAL sacai 17S/S COLLECTION

    こんにちは、江口です。

    1月も早いもので中盤に差し掛かり、店頭では新たなシーズンの商品の入荷が続々と続いております。

    そんな中今回私の方でご紹介させて頂くのは、

    今期でメンズ8シーズン目を迎え、更に加速度を増したブランド『sacai 17S/S COLLECTION』。

    映画『時計じかけのオレンジ』をシンボリックとしたアイテムやテイスト、サウンドをスパイスに、クラシックなウエアやファブリックを新たなアプローチで再構築。

    同ブランドのアイデンティティが非常に詰まった素晴らしいコレクションでした。

     

    それでは早速、現在入荷中のsacai 17S/S COLLECTION 1st deliveryを見ていきましょう。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-13

    BLOUSON ¥84,000+TAX

    CUTSEW ¥14,000+TAX

    PANTS ¥48,000+TAX

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-15

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-14

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-16

    HAT ¥40,000+TAX (REINHARD PLANK)

    昨今のモードファッションにおいて欠くことのできない『ミリタリーウエア』。

    それとは相反する『エスニック』や『トロピカル』のテイストを絶妙にMIXさせ、新たな解釈で作り上げたM-65ジャケットは、正に唯一無二のアートピースのよう。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-17

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-18

    全方位、どの角度から見ても緻密で美しいエンブロイダリーを思わせるようなモチーフ柄は、どこかHAPPYでFUNNYな印象に。

    そこにはsacaiならではの『柄に隠されたメッセージ性』というのが強く感じられるのは私だけでは無いかと思います・・・

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-21

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-20

    そんな圧倒的な柄と相反して、ディテールにはドロップさせた袖口のバランスであったり、美しくsacaiの文字が刻印されたジップ使い。

    この一見「不均質」とも言える調和の中に、予測出来ないsacaiならではの美しさというのが強く感じられます。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-22

    SHOES ¥216,000+TAX (Rick Owens)

    ボトムもこの柄合いでありながら、程よくテーパードが効き、裾口はターンアップされた仕様に。

    またウエスト周りにも細かなディテールが施された、5ポケットのトラウザー型というのが、また刺激的でくすぐられるところ!!

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-23

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-28

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-24

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-25

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-26

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-27

    NECKRACE ¥15,500+TAX (AMBUSH)

    BRACELET ¥21,800+TAX (AMBUSH)

    sacaiのスタンダードアイテムの一つである、度詰めコットンのクルーネックカットソー。

    今期は胸にフロッキーのモチーフが施されており、その概念がシンプルに凝縮された一着になります。

     

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-1

    SHIRT ¥33,000+TAX

    KNIT ¥40,000+TAX

    PANTS ¥20,000+TAX (DIET BUTCHER SLIM SKIN)

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-3

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-4

    2017-01-03-19-09-21-jpg32

    続いてはシンプルなバッファローチェック柄のシャツではありますが、

    同じ柄でもパーツパーツで、『身頃』『フロントポケット』はたまたバックの『ヨーク』部分を幾重にも渡るレイヤードで切り替え構築することによって、伝統的な柄をsacaiらしく現代的に昇華させた一着になっています。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-30

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-29

    衿地にはベロアを用い、エレガントな雰囲気を確立。

    またシャツながらブルゾンライクなウエストのリブ仕様は、sacaiでは非常にポピュラーな手法の一つで「ハイブリッドなシャツのプレゼンテーション」とでも言いましょうか。

    クラシカルなプロダクトを崩し、異なる要素やピースを加え再構築し、これまでに無い『NEWクラシック』を表現するsacaiの姿勢が、この一着からだけでも窺えます。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-5

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-6

    こちらもショーピースの一つではありますが、是非ともファンならずともお試し頂きたい、カシミア混のクルーネックニットになります。

    弊社MIDWESTでもロングセラーの一つに挙げられており、

    リッチなマテリアル使いと、ユーティリティーさを絶妙に融合させることで、sacai流の『機能美』を再定義させた極上の逸品です。

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-10

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-7

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-8

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-9

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-11

    17ss-sacai-midwest-tokyo-20170103-12

     

    いかがでしたでしょうか?

    今回披露させて頂いたのはごく一部になりまして、その他情報の方は各店ブログにて絶賛公開中ですので、是非こちらもご覧になってみて下さい。

    RICK OWENS 17S/S COLLECTION 「WALRUS」

    17SS RAF SIMONS NEW ARRIVAL

    sacai 2017SS LOVE&JOY

     

    それではお待ちしております。

     

    MIDWEST TOKYO 江口

    %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%881

    %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%882

    MIDWESTポイント引換について

    JACCSキャンペーン


戻る

INSTAGRAM

midwest_tm

ARCHIVES

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:11:00 - 20:00
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

PAGE TOP