TOKYO WOMEN

SHOP OFFICIAL SNS

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

WOMENS BLOG

  • 本日よりSTART!!!! — RITO — POP UP

     

    こんにちは、MIDWEST TOKYO WOMEN  河村 です!

    東京レディースでは今月、PONTIに引き続き今大注目を浴びている新生ブランド

    — RITO — のイベントも開催中です!!!

     

     

    昨日、デザイナーさんから直接お話をお聞きし、素材へのこだわりがひしひしと伝わってきました

    デザイナーさんによってデザインの仕方は違うと思います

    RITOのデザイナーである嶋川さんは、今まで培ってきた経験を元にこだわり抜いた素材や生地を一から作り、そこからデザインに落とす…

    お洋服のベースとなる生地だからこそ、一つ一つの素材に違った思い入れ、こだわりが見受けられる

    デザインに落とし込み、そのアイテムをお客様の手で育てていく…

    例えば1アイテムに対して1つの着方しか出来なかったり、他の合わせで変化を付けるのではなく、そのアイテム自身が変化できるようなデザイン…

    デザイナーさんが描いていた着方とはまたさらに違う角度から見てもらい、無限にそのアイテムを楽しめるように…

    手に取ってくれたお客様の色が出るように… と熱い思いでデザインしていることに心打たれました

    是非その思いを共有できたらいいなと思い、ブログにてご紹介致します!!

     

     

     

     

    — RITO —

    海外からも評価の高い素材のクリエーションを手掛けてきたテキスタイルデザイナーが立ち上げたブランド。こだわり抜いた上質な素材を軸に、新しい独創的なフォルムを追求。感度の高い女性達に向け、その内面から映し出されるラグジュアリーな雰囲気にモードなエッセンスを落とし込んだスタイルを提案。今の気分と来た時に伝わる価値観を大切にし、クチュールライクなもの作りとモードのバランスが取れたコレクションを発信。

    見た目以上に着る側の感性を引き立たせ、デザイナーの経験から専門性の高い生産背景で作り込まれた素材や生地作りから始まる。

    「全てのファブリックにはストーリーがあり、全てのプロセス(糸→撚糸→織→染色や仕上げ整理)が洋服のシルエットと着心地に影響を与えるためである。」これがデザイナーの理念である。

     

     

     

    — 2017 SS collection —

    … Incomplete …

    “未完成” を軸に、抜け感のある内面から感じられる女性らしさを表現。

    完成された西洋的な美意識の中にも東洋的な美意識 ―日本の着物の衿足に見られる抜き襟風の着崩しの文化― からインスピレーション。

    装飾を飾る事ではなく、そぎ落とされたシンプルな女性らしいデザインの中に、内面から醸し出される自然な強さを感じられる”内面のラグジュアリー”を表現した。

    デザイナーの理念の元、こだわり抜いた繊細かつ洗練されたファブリックの特性(魅力)を活かし、それを軸として今シーズンさらにマスキュリンとフェミニンの提案にこだわった独創的な新しいフォルム提案している。

     

     

     

    — イベント情報 —

    日時:3月11日(土)から19日(日)までの9日間

    場所:MIDWEST TOKYO WOMEN 2F

     

      

     

     

     

     

     

    — LOOK —

     

     

     

     

     

    — MIDWEST selection coordinate —

    onepiece:RITO  ¥49,680-

    skirt:RITO  ¥36,720-

    shoes:Pertini  ¥29,160-

     

    フェラメントレーヨンの光沢と落ち感が上品な印象を与えてくれるワンピース

    縦の糸には光沢感を出すためにレーヨンを使用し、横の糸にはシワ感をあえて出す為にリネンを使用

    糸を縦横で変えることで、ヴィンテージ感を演出

     

    同素材でベルトも付属

    二重で巻ける程の長さがあり、あえてルーズ感を楽しむために一重で垂れ下げるのも◎

     

    ルーズ感を出すために、サイドとバックにはグログランテープを垂れ下げたデザイン

    サイドで蝶々結びをして甘さを出すもの◎

    様々なカスタマイズができることによって(ベルトの着脱やグログランをそのままにしたり結んだり)着る人それぞれの色がでるエプロンワンピース

     

      ワイドパンツを履いているようなデザインのロングスカート

    シルクサテンストレッチ素材を使用し光沢感が出る事により、より上品な印象を与えながらそこをデザインで外している抜け感漂うピースとなっている

     

    バックのドレープかんのある大きなポケットがより抜け感をだし、アクセントとなっている

    Iラインのスカートはコンサバなイメージになりやすいが少しゆったりとしたシルエットに加え、ポケットが外しになっている

     

     

     

     

     

    knit:RITO  ¥39,960-

    tops:RITO  ¥15,120-

    pants:RITO  ¥42,120-

    shoes:FABIO RUSCONI  ¥28,080-

     

    綿シルクの糸を惜しげもなく贅沢に編み込んだカーディガン

    ラインがスポーティー感を出しながらも、モノトーンに仕上げているので外しすぎないところも魅力的

    ベースのニットを編み上げてからさらに”未完成”感を出すために違う糸でほつれているように縫い上げている

     

    袖の部分は大胆なスリットがポイント

    ルーズ感をだすためにだらっとそのままポンチョのような着こなしも出来る

    袖口にはボタンもついているので、捻ったり袖口にボリュームをもたせたりとこちらも様々な着こなしをしていただける

     

    バックシルエットには女性らしいフォルムを出すためにVカットになっている

     

    合繊のようなドライタッチと伸縮性がでる加工を施したシルクパンツ

    ラクジュアリー感とモードを漂わせる素材と、股上をあえて深くしルーズに外しを効かせたディティールがたまらない

    大人の方に向けたワークパンツ

     

    ウエストにもディティールへのこだわりがみえ、ベルト無しで一着で様になる

    ハイウエストでもローウエストでもはける様に調整も可能

    こちらのパンツのバックにも、ルーズ感のある大振りなポケットがポイントになっている

     

    テーパードでありながらこちらも抜け感を出すためにスリットが入っている

    身長によって見え方がまた変わるので、自分自身でどのバランスではけるのかも楽しんで頂きたい

     

     

     

     

     

     

    tops:RITO  ¥23,760-

    pants:RITO  ¥30,240-

    shoes:FABIO RUSCONI  ¥27,000-

     

    洗いざらしたような風合いが魅力的なシャツ

    綿の特殊な紡績方法からくる風合いの良さと肉感に、塩縮という技法をプラスすることにより、伸縮性がありながらパリッとしたハリ感がでる

    こちらも素材にこだわりが感じられる

    大胆に開いたカシュクールと大きなベルスリーブがポイントとなっている

     

    バックシルエットにもシンプルに合わせ、丸みがて柔らかい印象を与えてくれる

    襟部分にはカーディガン同様、さりげなくVカットになっているところも魅力的だ

     

    ジャズネップをいれ、さりげなくティーディーに見せたストレッチデニム

    カジュアルになりすぎないようにセンタープリーツが入っている

    センタープリーツにも “未完成” さを出すために更にヴィンテージ感を出すために加工をしている

     

    ゆったりとしたシルエットながらスッキリとした印象を与えてくれる

    デニムとテーパードパンツをミックスしたアンニュイさが魅力的だ

     

     

     

     

     

    shirt:RITO  ¥31,320-

    skirt:RITO  ¥36,720-

    shoes:FABIO RUSCONI  ¥27,000-

    イタリアの高級シャツメーカーの生地を使用したシャツ

    ゆったりとしたシルエットがメンズライクな仕上がりに

     

    ポケットはあえて裏側に付いており”未完成”さがさりげなく出ている

     

    何と言ってもこちらのシャツの一番の魅力は、脇の下にスリットがはいっているのでそこから腕を出し、ノースリーブシャツとして自由自在に着こなせる所

    写真では前で結んでいるが、後ろで結んだり、裏表逆に着たりと、着こなす本人が着方を選択できるという斬新なディティール

     

     

     

     

     

     

    いかがでしたか?

    袖を通して頂ければ、素材やディティールへのこだわりが伝わる着心地です。

    是非店頭で着て良さを実感して頂きたいです。

    お待ちしております。

     

     

     

    スタッフ公休日

    永井 8.13.14.21.22.23.28.31日

    河村 7.10.16.1724.29.30日

    新井 7.8.9.10.15.21.27日

    鈴木 (3月度は未定)

     

    もうMIDWESTポイントの申請はお済ですか???

    ここ最近たまったポイントを使って「○○○,○○○円もお得になった!!」と言うお声を多くいただいております!!!

    申請して頂くならセール前の今がオススメです!!

    ポイントを申請して頂くには、下記JACCS HPよりインタコムクラブ【無料】にご登録ください>>>

    MIDWEST CORE CARD 運営 JACCS HP

    MIDWESTポイント引換について


戻る

RECOMMEND

まだデータがありません。

ARCHIVES

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO WOMEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-14
TEL:03-3463-6589
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo_w@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

PAGE TOP