NAGOYA MEN

  • JOHNLAWRENCESULLIVAN AW19 予約会 @MIDWEST MEN

    MIDWESTの伊藤です。

    遂に半年に一度のファッション好きのイベントが始まります。

     

    MIDWEST 19AW ORDER EVENT

    5/18(sat)-5/21(tue)

     

    (期間中はMIDWEST CORE CARDをお持ちのお客様の先行受注期間とさせていただいております。

    一般予約開始は6/1を予定致しております。)

     

    是非、お誘い合わせの上、お待ちしております。

     

    前回までの復習は、こちらから。

    Rick Owens

    sacai

    HERON PRESTON

    CHRISTIAN DADA

    AMBUSH

    Off-White

    LIBERUM

    FUMITO GANRYU

     

    今回はこちらのブランドをご紹介させていただきます!

    JOHNLAWRENCESULLIVAN

     

    もはや説明不要なほどの人気を誇るジョンローレンスサリバン。

    ロンドンで5回目となるショーは日本だけでなく、現地でも確固たる地位を着実に築いています。

    今回も音楽とそのサブカルチャーがブランドのコアな部分として強くコレクションに反映させております。

     

    新年早々スタートするロンドンコレクションの中でコレクション内容、演出共に驚かされました!

    イギリスを拠点に活動しているアンダーグラウンドバンド『WILD DAUGHTER』が

    このショーのために特別にサウンドトラックを作成し、ライブパフォーマンスを披露しています。

    ランウェイと客席との距離が近い中で、ショーと上手く融合した二人の生演奏は圧巻の様子です。

     

    それでは4つのキーワードとLOOKから紐解いでいきましょう!

     

    ANIMALS

    19AWは多くのブランドが取り入れ『アニマル柄』へのムードが高まっています。

    その中でもサリバンは多種多様な柄を使ってコレクションを構成しています。

    定番のヒョウからパイソン、タイガー、アリゲーター等、一つでもインパクトがある柄をさらに柄×柄のレイヤードで攻めの姿勢を貫いています。

    MAXI-COAT

    マキシ丈が定着しつつありますが、今季はさらにスーパーロングのバランスが新鮮。

    ここ数年に比べるとコンパクトな肩幅に設定し、より縦長なシルエットを強調。

    他にも過剰な程のボタンの数と低い位置付けで全体的に重心を下げた仕様で、他にはない迫力と緊張感のある逸品です。

    普通の日本人が着て、くるぶしぐらいの着丈になります。是非、挑戦お待ちしております。

     

    COATED FABRIC

    英国クラシカルを得意とするサリバンに不釣り合いな光沢のあるコーティングファブリック。

    天然な素材と加工された素材。

    相反する要素を合わせてしまう所がキャパシティの広さを伺えます。

    特にボトムのマンネリ化にお悩みのお客様には最高なスパイスとなる1本です。

     

    SQUARE TOE BOOTS

    今の時代を嘲笑うような全てのLOOKで足元はブーツスタイル。

    その中でもメンズでは目新しいスクエアトゥのヒールブーツが存在感を放っています。

    高級、レア物スニーカー合戦に飽きた方へのオススメは間違いなくこの1足です!

     

    MIDWESTではブラックのみオーダー。

    発売まで待てないデザイナーの荒士さん、直営スタッフは既に愛用しているみたいです笑

     

    MA〇R〇X RELOADEAD….

     

    名古屋店ではLOOK着用アイテム以外のアイテムは一部サンプルとして特別にお借りしています。

    是非、明日よりの予約会お待ちしております。

     

    伊藤


戻る

SHOP INFO

MIDWEST NAGOYA MEN

〒460-0003愛知県名古屋市中区錦3-17-11 2-3F
TEL:052-953-1870
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:nagoya_m@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

ページトップへ戻る