OSAKA

  • CHRISTIAN DADA 19SS

    どうもこんにちは!!

    MIDWEST OSAKAのムライです。

    平成最後の秋、皆様いかがお過ごしでしょうか?(笑)

    ファッションフリークの方々は春夏が待ちきれないこの時期、、、という事はコチラのイベントのアナウンスとなります❢❢

    MIDWEST SS19 ORDER EVENT

    Day:11/23(fri)~11/26(mon)

    Place:MIDWEST各店舗

    ※MIDWEST CORE CARDをお持ちの方に限ります。(当日入会可)

    感度の高い方ほど前のめりにご参加頂いており、MIDWESTの数あるイベントの中でも盛り上がりは段違い✰✰

    まだ寒いのに、もう春夏の予約!?と思われる方もいらっしゃると思います、、、ただこの時期に予約しておかないと買えないアイテムが多いのも事実。

    あれ買っておけば良かったな~と言われる方を多く見てきましたので、後悔したくない方は是非、この期間にお越し頂けると幸いです。

    予約会ブログ、随時アップされますのでチェックお願いします❢❢

    HERON PRESTON 19SS

    それでは早速本題へ、、、MIDWEST OSAKA予約会ブログvol.1はPOP UPも大好評の『CHRISTIAN DADA』をご紹介させて頂きます❢❢

     

     

    CHRISTIAN DADAと言えば、早い段階からパリでのコレクションに挑戦し、国内のみならず海外でも常に注目され続けており、日本のファッションシーンを牽引するブランドの一つとして圧倒的な存在感ですよね。

    海外という広いステージで輝きを放つCHRISTIAN DADAは代表的なテクニックが多く、刺繍・カットオフ・着物モチーフ・パンク・ゴス等々、一目見るとわかる圧倒的な世界観とモード・ストリートのジャンルの括りに収まらない独創的なデザインが持ち味。

     

     

     

     

     

     

     

     

    レディーガガの衣装デザインや、ランウェイショーにへヴィメタルバンド『KISS』が登場したり、国内だと村上隆氏の衣装制作、東京喰種の劇中衣装のデザイン等々、、、グローバルな活動で国内外問わず著名人からも愛用されております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また先日行われました”AT TOKYO”での圧巻の合同ショーも大変話題になりましたね。

    CHRISTIAN DADAはレディースとしての発表でしたが、メンズアイテムも作られており、ばっちりオーダーしております

    再構築・切替コンビネーション・オリジナルグラフィック、、、遊び心溢れるモチーフが素敵なアイテムがございます。

    あのコラボも再登場!?是非、お楽しみに(^^)v

     

     

    そんな数々の歩みを経ての2019SS COLLECTIONは2回目となる写真家・荒木経惟氏とのコラボレーション❢❢

     

     

    自分も前回のコラボレーションで完全にヤラたのを覚えてます。。。

     

     

     

     

    今回のコレクションでは荒木氏の『センチメンタルな旅』シリーズ以降、彼女を亡くした翌年1991年に出版された2冊からなる作品『LAMENTS 空景/近景』からのインスピレーションとなります。

    作品が放つ愛、喪失感、生と死、光と影がコレクションに落とし込まれております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    妻を亡くしたことによってポッカリ開いた心の喪失感を思わせる不完全な『ホワイト』、アート作品からなるデザイン、カットされ鳥が突いたリンゴ・枯れた花・アンスリウムと死んだヤモリなどがジャガードや様々な生地加工により洋服へ映されております。

     

     

     

     

    洋服でここまでエモーショナルなストーリーが描かれているコレクション、、、良くない訳がないですよね❢❢

    それではランウェイの方へ移りましょう。

    しょっぱなから、圧巻のホワイトルックが13体続きます。。。

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは予約会で必見のアイテムにフォーカスしていきます。

    Sleeveless Overcoatは是非ともルックのようにホワイトパンツとのワントーンコーデで合わせていきたい所。

    テーラードなどクラシックなアイテムが感度の早い方に浸透してきている中で、このエッジの効いたノースリーブ。

    生地もコットンカルゼのシャープな畝で、レイヤードも抜群にしがいがあります❢❢

     

     

     

     

    セットアップのムードもキテますよね。

    先程のオーバーコートもそうですが、拡大されたオーバーサイズの襟は写真作品から引用したズーム・イン&アウトという手法からで、カメラのレンズから覗き込んだ時に見えるバランスを表現しており、写真家である荒木氏へのリスペクトが伺えるアイテムです。

     

     

     

     

    ホワイトセットアップはこなれ感が抜群のルーズなバランスも気になるところ。

    コチラのワイドトラウザーが無いと始まらない!!と言っていいほど今季のスタイリングの要になるボトムス。

    綺麗なホワイトではなく、影が入った様な不完全なホワイトが履き込むほどに良い味出そうですよね。

     

     

     

     

     

    CHRISTIAN DADAならではの素材感を味わえるコチラのアノラックも是非とも予約のタイミングで見て頂きたいアイテム。

    イタリア生地メーカーのパテントのような艶のあるコーティング素材、ビスコースベースの生地によるやわらかな風合いにより、他にはないアノラックな仕上がりです!(^^)!

     

     

     

     

    ランウェイでは喪失感のホワイトから徐々に心が晴れやかになり、色が差し込まれていきます。

     

     

    コチラは洋服よりもヘアスタイルに目が行っちゃいますね(笑)

    荒木氏への作品だけにフォーカスするのではなく、パーソナル部分もランウェイに落とし込まれているのが、個人的に凄く印象的です。

    荒木氏のトレードマークからなるアイウェアは勿論オーダーしております(^^ゞ

    ストライプシャツも半袖ながら、たっぷりしたボリュームに対して、繊細なフロントデザインが素敵です。

     

     

    様々な技法で荒木氏の作品が落とし込まれておりますが、写真のプリントではなくジャガードで表現されているのが、洋服ならではの映りでニットでしか出ない立体感があり素敵です。

    CHRISTIAN DADAのジャガードニットは毎シーズン名品が多く、しかもコチラはハーフジップにショートスリーブと洒落っ気たっぷり❢❢

    尚且つ、ワードローブにはないシルエットのニットでオールシーズンいける万能アイテム、予約必須ではないでしょうか?!

     

     

     

     

    カラーモノ・モックネックカットソーも店頭から無くなってから探されている方が後を絶ちませんので、スタイリングに合わせてのご予約をお勧めしております。

     

     

    CHRISTIAN DADAを語る上で欠かせない日本文化にフォーカスされたアイテム。

    『JINBEI』シリーズに続き、春夏は『Happi』です❢❢

    シグネチャーの刺繍の繊細さは言わずもがな、不完全なホワイトのボディにトーンオントーンのシルバーの刺繍が洗練された雰囲気ですね。

    どこかのブランドっぽいなどの混じりけのない『CHRISTIAN DADA』にしかないオリジナリティが魅力のアイテムです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    フィナーレの『空景』の色彩イメージをそのまま再現したスカーフを纏ったモデルが中庭の回廊を彩った演出で、一つのストーリーの終わり、一冊読み終えた感覚になる程、素敵なコレクションでした❢❢

    ランウェイからのご紹介ですので、その他のオススメは店頭でアツく語らせて頂けると嬉しいです(^^)

    それでは23日、お待ちしております❢❢

     

    ..BRAND LINE UP..

    AMBUSH

    ANREALAGE

    Calvin Klein Jeans ESTABLISHED.1978

    CHRISTIAN DADA

    DIET BUTCHER SLIM SKIN

    DISCOVERED

    doublet

    dressedundressed

    FUMITO GANRYU

    Ground Y

    GUIDI

    HAIDER ACKERMANN

    HERON PRESTON

    JOHNLAWRENCESULLIVAN

    KIJIMA TAKAYUKI

    kolor

    ksubi

    LAD MUSICIAN

    liberum arbitrium

    Off-White™

    RAF SIMONS

    Rick Owens

    sacai

    TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.

    th

    TOGA VIRILIS

    yoshiokubo GROUNDFLOOR

    …etc


戻る

SHOP INFO

MIDWEST OSAKA

〒530-0001大阪市北区梅田2-2-22 ハービスエントB1
TEL:06-6343-7133
OPEN - CLOSE:11:00~20:00
MAIL:osaka@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

ページトップへ戻る