TOKYO MEN

  • CHRISTIAN DADA 18AW COLLECTION

    こんにちは、MIDWEST TOKYOの江口です。

     

    早速今回もこちらの情報から、

    “2018AW COLLECTION ORDER EVENT”

    日程:5/19(土)-5/22(火)

    場所:MIDWEST各店舗

    ※MIDWEST CORE CARDをお持ちの方に限ります。

    (当日入会可)

     

    これまでの予約会BLOGをまだ読まれていない方はこちらからどうぞ。

    sacai 18AW

    AMBUSH 18AW

    HERON PRESTON 18AW

    RAF SIMONS 18AW

    JOHN LAWRENCE SULLIVAN 18AW

    Off-White™ 18AW

    TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. 18AW

     

    それでは今回東京店第三弾となるブランドがこちら・・・

    コレクションの場をパリに移して実に8シーズン目を迎えるこちらのブランド。

    その注目度の高さは、ご覧のひしめき合う客席やカメラゾーンを見て頂ければ感じて頂けるはず。

     

    『SPIRAL=螺旋』と題した2018AWテーマの裏には、デザイナー森川マサノリ氏が感化されたデヴィッド・リンチ氏の「螺旋は上昇、下降を繰り返す円環。この螺旋は、私にとって進化を表徴する円環である。」の言葉がインスパイアとしてあるそうです。

     

    ここで話は多少脱線してしまいますが、このデヴィッド・リンチ氏、

    アメリカ合衆国モンタナ州出身の映画監督であり自らも俳優業、演出家、また学生時代からアートの世界にも精通した現代見術家としても名高い経歴の持ち主になります。

    なぜリンチ氏がフューチャーされるのか?

    それは彼の作品「エレファ ント・マン」や「ブルーベルベット」、「ワイルド・アット・ハート」、

    そして1980年台~90年代初頭に掛けて放映された「ツイン・ピークス」に関してはファッション界においてあまりにも影響を及ぼした一作として知られています。

    今回CHRISTIAN DADAにおいてもそのソースが色濃く反映されており、元来同ブランドが持つ「ジャポニズム」と上手く融合することで、より一層深みを増し進化したコレクションとなっております。

     

    それではここから、そんなクリエーションされた今期のCHRISTIAN DADAの商品達に迫っていきます。

    注目すべくファーストルックには正にリンチ氏のオマージュと言うべく、薔薇のモチーフを前面に。

    これはリンチ氏の映画『ブルーベルベット』から着想されています。

    そこに「着物」の前たてを思わせるような、深いVラインのテーラードジャケットや、

    大胆にもウォレットチェーンを首に巻き付けることで「反逆的な」姿勢を提示した、正に「DADAらしい」ワンシーン。

    こちらもCHRISTIAN DADAのアイコニックとして外せないニット。

    今回、より広範囲に渡って刺繍されたレタードのタイプは、こちらも『ブルーベルベット』のセリフを引用。

    そこに自らのネームをMIXし「自分の色」を出すところに、世界で戦う森川氏の自信の現れが感じられます。

    こちらのニットも、断ち切ったディテールバランスが「CHRISTIAN DADAらしい」フィッシャーマンニット。

    フィッシャーマンニット自体は今シーズンのキーアイテムの一つとして掲げられますね。

    一緒に合わせたファージャケットは、前回17AWで好評だったボンディングタイプの流れからすると、このタイミングで抑えていた方が良さそうです。

    こちらも毎シーズンご好評を得ているボンバー型のMA-1ブルゾン。

    やはり今期も全体的にはビッグシルエットが先行。

    そこに、クロップドパンツを合わせてバランスを調節しています。

    ニット同様、振り切ったディテールやボリュームに「遊び」をプラスして新鮮なイメージに。

    それでいながら、素材も一級品であるのはやはり海外で戦うブランドであるべく姿です。

    MIDWESTでは今期黒オーダーになります。

    後半に入ってくると、今期のメインソースとして掲げられている、イタリアのスポーツブランド『KAPPA』との合作。

    とりわけ目立ったのは、ハイウエストで「螺旋状に巻き付ける」行為が意図的になされたラップパンツで、森川氏が提示する「SPIRAL」が具現化されています。

    またトップスに合わせたレイヤードのハイネックのバランスやこぶりなロゴキャップなど、

    前シーズン18SSのベースボールシャツを彷彿とさせる、リアルなストリートバランスが上手く継承されていて「攻め」の姿勢を強く感じます。

    こちらも『KAPPA』との協業アイテム。

    面白いのは、クラシカルなストライプシャツの袖にブランドロゴをあしらうことで、スポーティな概念を取り払ったアプローチ。

    そのシャツをタックインするナードな着こなしに「DADA節」が光りますね。

    そして最終、集大成として魅せるこちらのルック。

    着用者を全身覆うようなスーパーマキシのオーバーコートのインナーには、今回いつもより刺繍物が少ない中、それでもCHRISTIAN DADAが送る日本の伝統的象徴としての「着物=和」をグレンチェックのセットアップに落とし込むことで、正に和洋折衷の好例に仕立てています。

    そこにはデザイナー森川氏が描く、「和」の要素がいつも以上に巧みに昇華されているように感じられたのは少なからず私だけではないはずです・・・

     

    それでは今週末、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

    江口

    51日(火)から619日(火)までの期間中に\10,000(税抜)以上お買い上げで新規入会して頂いたお客様はその場で\3,000安くなるビックチャンス!!!

    もちろんお買い物はいつでも5%OFF!!!

    つまり新規入会して頂くと\3,000OFFからさらに5%OFF  とってもお得なキャンペーン中!!!

    ということは・・・予約を始め、マーケットやセールのOFF率からさらに¥3,000引きされ、さらにさらに5OFFです!

    あのアイテム気になるけど・・・と金額で悩まれてた方への後押しになるお得なイベントです!

    毎回のお買い物がお得になるだけでなく、MIDWESTでしかやらないコアなイベントにも優先的に参加していただける特典付きです!!!

    この機会にぜひ入会をお勧めします。


戻る

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

ページトップへ戻る