TOKYO MEN

  • Rick Owens 2018FW COLLECTION 『SISYPHUS』

    こんにちは、江口です。

     

    今回ご紹介させて頂くのは、

    6月に入ってまとまった入荷のあった18FW COLLECTIONよりこちら、

     

     

    約4年間にわたるadidasとのコラボレーションに終止符を打ったRick Owensが次なるパートナーシップとして締結したBIRKENSTOCKとのコラボサンダルになります。

     

    発表直後から注目度が高かったこちらですが、やはり約240年以上もの歴史を誇る老舗フットウェアブランドとの合作は、新たな可能性を感じざるを得ません。

     

    その中でも今回MIDWESTでは、BIRKENSTOCKのシンボリックとも言える『Arizona(アリゾナ)』を2型2色でオーダー。

     

    是非今期サンダルシーンの最右翼として挙がるであろう『Rick Owens×BIRKENSTOCK』にご注目頂ければと思います。

     

     

    そして、そのシューズと共にやはり目が離せないのが『Rick Owens 2018FW COLLECTION SISYPHUS』1st delivery。

     

    今期は新たにお披露目させて頂くアイテムが多めですので、その一部とArizonaをスタイリングでご紹介します。

     

     

    CARGO VEST

    LS LEVEL T

    DRAWSTRING ASTAIRES CROPPED

    ARIZONA

    LARGE SIGNATURE TOTE BAG

     

     

    まずはこちら。

     

    『ハンティングベスト』自体は今期、業界内を通しても外せないピースであることは言うまでもありませんが、

    とりわけこちらのRick Owensに関しては、今シーズンテーマである『SISYPHUS』から発想を着手。

     

    ノーカラーやアウトサイドポケット等といった根本のディテールは抑えながらも、

    同ブランドらしく極力ミニマルに、且つ素材に関しては極上のシルクコットンを独自の調合によって、『気品』や『優雅さ』が感じられます。

     

     

    バックシルエットも最高に格好良いです。

     

    先にも述べました、このブランド独自の素材配合でないと生まれてこない、この立体感のある表情と空気感。

     

    コントラストの付いた素材同士をミリ単位で掛け合わすことでこのバランスを生み、

    それでいながら今回は、一度ウエストをつまみ上げ、その後一気に裾口まで開放させることで圧巻のシルエットに。

     

     

    ボトムにはここ数シーズン、Rick Owensをお楽しみ頂いているお客様にご好評なASTAIRESシリーズより、今期はクロップドが入荷しました。

     

    DRAWSTRING LONGやPODSよりも股上を浅く設定。

     

    そこに加えてセンタークリースがややスラックスに近いイメージを演出しながらも、やはりここはRickのアイコンでもあるストリングの長さや、独自のTE素材などにより、やはり他とは圧倒的に差別化が図れます。

     

     

    こちらがArizonaになります。

     

    特徴としてはBIRKENSTOCKのレギュラーラインには無い長いストラップベルトと、「ポニーヘアーカウ」と呼ばれる、やはりRickらしいハイグレードなマテリアルを使用。

     

    それでいながらもクラシカルなBIRKENを作り上げる上で欠くことの出来ない、天然素材のコルクとフットベッドライニングをMIXすることで唯一無二の存在に仕上げております。

     

     

    こちらもお初のアイテム『SIGNATURE TOTE BAG』。

     

    Rickフリークであればすぐに気付くと思いますが、毎回シューズの付属として入っている「あのバッグ」です。

     

    ただし素材は非常にソフトなラム革のスムースレザーを使用しています。

     

     

    WINDBREAKER

    LS LEVEL T

    CARGO JOG

    ARIZONA

     

     

    続いては、ここ数シーズン私達の間でも「ポストMA-1」の一つとして掲げさせて頂いているWINDBREAKER。

     

    今回は、前回までのCVT素材とはコントラストを付け、よりカジュアルに落とし込まれたBA素材をオーダーしております。

     

    特徴としてはラグランでもセットインでもない、一直線に地続きとなった肩周りにより、単に「オーバーシルエット」とは呼べない独自の丸みを帯びたフォルムを構築。

     

    インナーに着用したLEVEL Tは今シーズン、このDIRTY GREENと先のCINNAMONのみとなります。

     

     

    BA素材のCARGO JOGは、同素材のWINDBREAKERはもちろん、

    従来のDRAWSTRING HOODYともセットアップでお楽しみ頂けます。

     

    股下から一気にテーパード掛かったナローなシルエットと、ハリコシの強いHEAVY COTTON素材により、他のこの類のパンツには無い重厚感が魅力のこちらも、ここ数シーズン、Rickの「ネクストボトム」としてMIDWESTでは提唱させて頂いています。

     

    しかしながらこのCARGO JOG、このブログを作成の間にも着々と在庫が減っている状況で、今年もなかなか店頭に並ばずして終了となりそうです・・・

     

     

    今回ご紹介出来なかったArizonaですが、あとフルグレインレザーのタイプを2色『BLACK』と『DUST』をご用意させて頂いております。

     

     

    それでは、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

     

    MIDWEST TOKYO 江口

     

    MIDWESTポイント引換について


戻る

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

ページトップへ戻る