TOKYO MEN

  • FUMITO GANRYU 20SS 予約会

    どうも、東京店の三嶋です。

     

    今回も前回に引き続き、予約会のブランド紹介BLOGになります。

     

    ■20SS COLLECTION 先行予約会

    日程:11/23(土)-26(火)

    場所:MIDWEST TOKYO B1F

    条件:MIDWEST CORE CARDをお持ちの方(免許証やパスポート等顔写真付きの証明書があれば当日20分程で入会可能です。)

    お持ちでない方は12/7(土)よりご予約頂けます。

     

    ..BRAND LINE UP..

    A.A.Spectrum,

    AMBUSH,

    ANREALAGE,

    DIET BUTCHER SLIM SKIN,

    DISCOVERED,

    doublet,

    dressedundressed,

    FUMITO GANRYU,

    Ground Y,

    HAIDER ACKERMANN,

    HERON PRESTON,

    JOHNLAWRENCESULLIVAN,

    kijima takayuki,

    kolor,

    kolor BEACON,

    ksubi,

    LAD MUSICIAN,

    LES TIEN,

    LIBERUM,

    Off-White c/o VIRGIL ABLOH,

    RAF SIMONS,

    RICK OWENS,

    TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.,

    th,

    TOGA VIRILIS,

    yoshiokubo GROUNDFLOOR …etc

     

     

    今回も大人気のRAF SIMONSやOff-White等インポートをはじめ、国内ブランドも含め先行で予約できるイベントになっています。各ブランドについては、MIDWEST BLOGにて随時オススメをご紹介させて頂きますのでそちらをチェックお願いいたします。

     

    RAF SIMONS 20SS

    kolor 20SS

    HAIDER ACKERMANN 20SS

    Rick Owens 20SS

    Off-White 20SS 

     

    今回ご紹介させていただくブランドは、、、

     

    2018年から始動し、MIDWESTでも1stシーズンから取り扱いをスタート。

    20SS で3シーズン目となり、今大注目のジャパニーズブランド。

     

    「FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)」

     

    デザイナー丸龍文人はCOMME des GARCONSに入社後、JUNYA WATANABE COMME des GARCONSのパタンナーを経て、2008年に「ガンリュウ」を始動し2017年にブランドを休止。そして2018年にピッティ・ウオモにて「FUMITO GANRYU」を発表。服と体の関係性に迫るコンセプチュアルなウェアを提案していくという信念に掲げています。

     

     

     

    20SS コレクションはパリのシャイヨー国立劇場で発表しました。シャイヨー国立劇場では過去に壮々たるブランドがショーを発表しています。

     

     

     

     

     

    今回、ブランドが掲げたテーマは「ランドスケープ」。

    簡単にいうと景観をオマージュしたコレクションになっています。

     

    今までのコレクションでは、ブラックが多かったですが、今回はピンクやイエロー、ブルーやグリーンなどヴィヴィッドな色が目立ち、カラーパレッドがめちゃくちゃ広がった印象です。

     

    またランドスケープということで、森林、空、海、あるいは宇宙の情景を沸騰させるグラフィックの入ったウェアが目立ち、今までのコレクションとはガラッと変えてきています。個人的にもかなりフレッシュに感じ、めちゃくちゃ良かったです。

     

    “21世紀にふさわしい服” を思索するFUMITO GANRYUが

    社会から “自然へのエスケープ” を求める人々に対して、新しい風景を掲示しています。

    それは人々にとっての楽園をイメージさせられます。

     

     

     

    それではLOOKをご覧ください。

     

     

    え、これFUMITO GANRYU??

    と思った方もいるかと思うほどの、変化ぶりですよね。ファーストルックでは一つも”黒”使っていません。目立つのはヴィヴィっとな色使いと、多種類のグラフィック、そして柄物、、、、

    20SSでは他ブランドでもグラフィックを取り入れているところが多かったので、SSはグラフィックを取り入れていきたいところですね。

     

     

     

    春夏なので、コート類というよりは軽く羽織れるような気の利いた羽織りをセレクト。

    形としては、コーチジャケット型をメインに、アウターのような素材感からシャツ生地、そしてルックで

    目立っていたようなランドスケープ柄もチョイスしています。

    これからガンリュウに挑戦しようかという方、また前シーズンで買えなかった人ように、ブラックのジャケット類もピックしていますのでご安心を。

     

     

    余分に作られた襟が、スカーフのように巻くことができるNEWなシャツも登場。

    レイヤードの幅を広げられる面白くも新しい発想のアイテム。

     

     

    毎回人気のパンツシリーズは、ジャケットと同素材でいっけんパルクールパンツのようなウール地の新型や

    七分丈のラップスラックス、色物やグラフィックのショーツ等

    幅広くオーダーしています。

    ラップスラックスは次のヒット品番になりそうな予感、、、

     

     

    足元はサンダルからスニーカーといつもと比べるとバリエーションが豊富です。

    サンダルはSuicokeコラボ。

     

    「Trail Running Shoes FUMITO GANRYU×Salomon」

    間違いないのはこの最強コラボだと思いますよ。

    配色から、フォルム、すべてにおいてパーフェクトな一足。

     

     

    そして20SSコレクションとは別に

    「Summer20&DENIM CAPSULE COLLECTION」も予約できちゃいます。

    このカプセルコレクションでは、BLOGに載せられる画像がないですが、店頭ではしっかりお見せできる予定ですのでお楽しみに。

    もしかしたらあの大人気のパンツが、、、?!!笑

    FUMITO GANRYUのデニムシリーズは毎回大人気ですので、前のめりで予約しちゃってください!!

     

     

    今国内ブランドの中でもかなり勢いに乗っているブランドです。

    東京店でも立ち上がり日には、かなり多くのファンの方が来店し

    デニムスーパーサルエルの売れる勢いなんて半端じゃなかった。。

    そして19AWのダッフルコート3色は8割がた予約会で完売。。

    多分、19AWではあまり店頭に並ばなかった分、20SSはさらに勢いが加速していくでしょう。

     

     

    BLOGでご紹介させていただいているアイテムは

    どのブランドもほんの一部ですので、残りは店頭にてゆっくりご紹介させてくださいね。

     

     

    それでは店頭にてお待ちしております。

     

     


戻る

SHOP INFO

MIDWEST TOKYO MEN

〒150-0041東京都 渋谷区 神南1-6-1
TEL:03-5428-3171
OPEN - CLOSE:12:00 - 20:00(日祝11:00 - 19:00)
MAIL:tokyo@midwest.jp

〉GOOGLE MAP

〉SHOP BLOG

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM
  • WEAR

ページトップへ戻る